時間のないデザイナーに!イラストレーターのスクリプトで作業を時短しよう

pathfinder38

イラストレーターのスクリプトを普段使いしているデザイナーさんってどれぐらいいるでしょう?私の周りでは前の職場の制作会社も含めてほとんどいませんでした、、、そして、かくいう私もまともに知ったのはここ数年くらい。でも使うようになって思うのは、

もっと早くに知ってたらよかった。

ということ。それくらい便利なんですよ、マジで。
さて、そんなイラストレーターの「スクリプト」どんなものかといいますと、

Illustratorの標準機能では手間のかかる処理を一発で解決する機能を実装する方法の一つ。JavaScriptで処理を記述したファイルを読み込んで、オリジナルの機能を使えるようにするもの。
基本的に標準機能でも実現可能な処理ですが、手順が煩雑だったり、同様の処理を繰り返す場合などに、手順をかなり省略することが可能。

lig :https://liginc.co.jp/249449

今回はとりあえずいくつかのスクリプトを紹介しつつ、実装方法について触れていきたいと思います。今回の記事では自分でスクリプトを記述できないデザイナーさんを対象に記事を書いていますが、スクリプトは書けないけど、コピー&ペーストで便利な機能を使いたい!というデザイナー向けになりますので、コードがわからないデザイナーさんも問題なく読み進めてください。

便利な無料のスクリプト機能の紹介

今回は僕も普段遣いで使用している便利な無料スクリプト2つを紹介します。厳選というわけではないのですが、とにかく便利なのでスクリプトの使い勝手がわかるには十分かなと。また今回の記事ではふれませんが有料スクリプトというものもあり、無料スクリプトよりも高品質でバラエティ豊かなスクリプトが揃っています。この有料スクリプトについては別の記事にて紹介したいと思います。

原寸リサイズ再配置

script001

このスクリプトはイラストレーター上で選択されているリンクの配置画像を、Photoshopを使用して指定した解像度の原寸サイズにリサイズして配置し直すというスグレモノのスクリプト。

普段のデザインワークでいつも途中段階では画像のリサイズをせずに大きいサイズの画像を強引に縮小して作業を進めることってありますよね。僕もまだデザインが固まってない段階では大きいサイズで画像を貼りながら作業を進めていくことが多いのですが、リサイズをせずに作業しているので気がつくとデータがものすごく重くなって処理が遅くなってしまい、作業に影響が出てしまっていたりします。そんな時にはサイズを適正にしたい画像を選択してこのスクリプトを使えば一発で画像のリサイズと再配置を行い、現在のデザインで指定しているサイズに合わせた画像に自動でリサイズしてくれます。

このスクリプトを使わずに同様の効果を得るには
❶ Illustrator上で画像のサイズを確認
❷ Photoshop上で画像をリサイズ
❸ Illustrator上で再配置
という手順をふむ必要があり、とても手間がかかってしまっていたのですが、これならばアプリを跨がずに一発でできるうえにかなりスピーディー。サイズに合わせてリサイズしてくれるのでイラストレーター上で目視で画像のサイズを計測するメンドくささも必要なし。

 

百聞は一見に如かず、ということでこちらに使用動画をご用意しましたので、その便利さをご確認ください。

 

形式変換再配置

screenshot03

さらにもう一つは、同じcorecaraさんが作っている形式変換再配置。こちらは指定した形式に一括で変更してくれるというスグレモノのスクリプトです。

こちらも動画を用意しておりますのでご覧ください。

 

つまりはとりあえず撮影で取ったjpegのデータをそのまま配置してレイアウト作業していた場合、上記の「形式変換再配置」と「原寸リサイズ再配置」のスクリプトを使えば、psdなどの印刷に合わせた形式で解像度350の原寸配置をしてくれるというわけです。しかも一気に!カラーモードは手動で変更しないとですが、まあそれくらいはバッチかけちゃえばいいですしね。

 

今回紹介した2つのスクリプトはどちらも無料ながら使い勝手は抜群。詳細な説明・使い方はここでは書ききれないので別の記事にてご紹介予定です。今回はまず、この「イラストレーターのスクリプトの便利さ」に触れてもらえれば。

スクリプトの使用方法

スクリプトの使用方法はいたって簡単。馴染みがない人は「スクリプト・・・文字いっぱい・・・呪文のよう・・・ナンノコトカワカリマセン・・・」といったように思考が停止してしまいがちですが、スクリプトを使用するのは全く難しくありません。

前述のとおり今回はスクリプトを書けないデザイナーを対象にした記事なので、スクリプトは上記で紹介したようなスクリプトを無料で公開しているサイトからダウンロードしてきています。各サイトではどんなスクリプトで、どんなメリットがあるかを説明しているので、結果的にどのような時短効果があるのかすぐにわかるかと思います。

さて具体的にスクリプトを使う手順としては、

ダウンロードしたjsファイルをIllustratorのフォルダの中のプリセット > ja_JP > スクリプトの中にドラッグ&ドロップ
あるいは

❷イラストレーターのメニュー > ファイル > スクリプト > その他のスクリプト で実行するスクリプトファイルを選択することで使用可能になります。

❷の方がスクリプトデータを格納するわけではないので初めてとりあえず使ってみるという肩文字m肩文字mにはオススメできます。(このほかにもスクリプトにショートカットを割り当てる「SPAi」という無料アプリを使用する方法もあるのですが、そちらはまた別の記事にて紹介したいと思います。

まとめ

今回はイラストレーターのスクリプト機能の紹介ことはじめ、でした。今回はこんな便利なことが楽にできるんだというところを実感してもらって、ここに続く記事としてスクリプトを紹介していければと思っています。それでは、今回はこのへんで。