クライアントへのデザイン提出をより魅力的に。自分の提出用フォーマットを作ろう

フォーマット
ルーキーくん
デザインをよりよく見せる方法を教えてください

今回はこんなお悩みを解決していきます。

この記事の内容
・作ったデザインをよりよく見せる方法

こんなデザイナーが書いています

exp

デザイナーのみなさんはデザインが出来たときどんな風に提出していますか?そのまま出力して提出していますか?何かひと工夫していますか?

今回はこれからデザイナーになる人にも、すでにデザイナーを始めている人にもオススメの提出するデザインをより魅力的に見せるために自分専用の「デザイン提出用フォーマットを作ろう」という内容です。

デザイナーはいくつかのオリジナルのデザインの提出用フォーマットを作ってなにかと便利ですよ。

デザイン提出用フォーマットとは

デザイン提出用のフォーマットというのは、外に向けたデザインの提出をする際に使用するデザインをはめ込む枠組み、いわゆるテンプレート。百聞は一見にしかずということで僕が使っているフォーマットを見てみましょう。

汎用フォーマット

concept sheet

これはとてもシンプルなフォーマットで、基本的にジャンルは選ばずにデザインを提出する際に使えます。デザインを見せるスペースも確保した上で、シンプルに見せることができ汎用性がとても高いフォーマットです。

ちなみにポートフォリオ用に作ったフォーマット、ロゴの提出用フォーマット、ホワイトスペースを生かしたフォーマットなども用意しています。下記には僕が使っているポートフォリオのフォーマットのサンプルを掲載しました。

ポートフォリオフォーマットportfolio_book_format
※ちなみにこちらで紹介したデザインは書籍のフォーマットデザインを担当させていただいた仕事です。

このようにフォーマットは「作品をより作品らしく見せるように」

・ディレクターやデザイナー、カメラマンなどのクレジット表記
・全体のデザインの説明(主には前半の部分で説明)
・ナンバリングを効果的に使用する

というような作りをしています。コンペなどでは提出内容によって「ロゴ」「パンフレット」「ウェブサイト」などサイズがまちまちのデザインを提出する機会がありますが、このようなフォーマットが用意されているとそれらサイズ違いのデザインをまとめやすくなります。

続いて、このような提出にフォーマットを導入するメリットを下記にまとめました

体裁が整うので見た目が良くなる

制作物のサイズは千差万別ですがフォーマットを作って当てはめると全体の体裁が整うので見た目がよくなります。例えばロゴのデザインとポスターのデザインではサイズも形状も大きく異なりますがフォーマットにはめ込むと一つの枠のなかに収まるのでサイズやテイストが違ったりしても全体的にまとまって見えるようになります。

綺麗にまとまることで高品質なものに

。そのまま提出するよりも、綺麗にまとまり高品質な印象を受けます。例えばコンペやクライアントへの提出の際にフォーナットを使用すると「きちんとしている印象、良いデザイン」に見えますね。

フレームワークとして使うことで仕事の時短化に

このポイントが実務的には一番効果があるのですが、提出時のフォーマットが決まっていると

デザインを作る → 提案をフォーマットにはめ、コンセプトを書く → 提出

と自然な一連の流れができるので、この流れに載せることで労力を減らして提出まで進めることができます。これはかなりの時短効果になりますね。

僕は昔はこういった提出用のシートもコンペや提案ごとに個別のフォーマットを作っていたのですが、そのため必要以上に時間がかかり過ぎていました。今になって思い返すと、提出用のシートに不必要に時間をかけずに提案内容のクオリティを高めた方が良かったと思います

デザインさん
このようなフォーマットは、自分が使い勝手の良いものを作っておいて、そこから改善点を修正していくことで、より勝手がいいものに育てていくことができます。使い勝手がいいものを作ってそれを使いまわしていきましょう!

まとめ

今回はオリジナルの「提出用フォーマット」を作ろう!という内容でした。デザインをして提案をするという回数を重ねていくと、このような頼りになるフォーマットを作る =「時短に繋がる」ということを実感できます。

最終的な提出物を支えるフォーマットなので「存在感を消しつつも提出物を綺麗に見せる」という役割があり、文字の使い方などの細部のクオリティも大事になってきます。このようなフォーマットデザインを作るときの参考はポートフォリオ関係のデザイン参考書や、デザイン集の見せ方が大いに参考になります。フォーマットを作ることはデザインを整えるとともに、小さな時短に繋がっていきます。ぜひ自分なりのフォーマットをつくっていってみてください。それでは今回はこのへんで。

ABOUTこの記事をかいた人

現場のグラフィックデザイナーに有用なリアルな技術やスキルアップの方法などを発信しています。 デザイン制作会社に8年→現在は都内にある日用品メーカーのグラフィック系インハウスデザイナーとして7年(総デザイナー歴15年)。そのかたわらフリーでデザインをしています。ラクにできるところはラクに!という時短デザインを推奨しています