うっかりデスクトップに保存してしまったaiデータを開くことなくパッケージをかける方法

うっかりデスクトップに保存してしまったaiデータを開くことなくパッケージをかける方法

今回は、デスクトップに保存してしまったai単体のデータから、illustratorでパッケージをかけることなく配置画像などを収集する方法をご紹介します。とりあえず保存するときにデスクトップを選んでしまい、そのままずるずるとデスクトップにaiデータを保存したまま作業を進めてしまう人にオススメのエントリーです。(⇦なかなかいないかもしれませんが)

このようなデータをillustratorのパッケージをかけるように「配置画像」と「aiデータ」をひとつのフォルダにまとめる方法が、スクリプト「illustrator配置画像収集」です。

スクリプト「illustrator配置画像収集

このスクリプトはタクトシステムさんのHPで無料配布しているデータです。

使い方は、配置画像の含まれたillustratorドキュメントをこの「illustrator配置画像収集」ドロップレットにドラッグ&ドロップするだけ。その後下記のウィンドウで指定したフォルダにドキュメント(aiデータ)と画像が収集されます。

このタクトシステムさんのページでもこのスクリプトの用途について

Illustratorを使用せず、ドラッグするだけで配置画像を収集するというのはなかなか不思議な感じがしますが、入稿やデータを他人に渡す際にお役にたつのではないでしょうか?

https://www.tactsystem.co.jp/blog/post-84/

というように記載しています。

私が使用させていただいているところでもillustratorを立ち上げずに、送付用のデータをまとめる、といった用途で主に使わせてもらっています。

まとめ

今回は、デスクトップに保存してしまったai単体のデータから、illustratorでパッケージをかけることなく配置画像などを収集する方法をご紹介しました。

こちらのスクリプト、使う前は

illustrator標準のパッケージ機能もあるし、使い所あるかなあ???

と思っていたのですが、意外とデータを送付する時のデータ作成に役立ちました。

気になったらぜひダウンロードしてみてください。

それでは、今回はこのへんで。

ABOUTこの記事をかいた人

現場のグラフィックデザイナーに有用なリアルな技術やスキルアップの方法などを発信しています。 デザイン制作会社に8年→現在は都内にある日用品メーカーのグラフィック系インハウスデザイナーとして7年(総デザイナー歴15年)。そのかたわらフリーでデザインをしています。ラクにできるところはラクに!という時短デザインを推奨しています