photoshopの「海外製アクション」で簡単にインパクトのある画像に加工しよう

photoshopの「海外製アクション」で簡単にインパクトのある画像に加工しよう

今回はPhotoshopのアクションを使った画像の加工についてご紹介します。

Photoshopのアクションは、特定の操作を記憶させて呼び出して使うことができる便利な機能ですが、自分で作ったアクション以外にもあらかじめ他のクリエーターが作ったアクションを読み込むという方法があります。

これらのアクションにはインスタグラムのフィルター効果のような色調補正にはじまり、自分で作るにはかなり難しいような手の込んだ効果を簡単につけることができるアクションも用意されているので、そのアクションを知っているだけでもかなりデザインの幅を広げることができます。

特に海外のアクションはバラエティが豊富で、使い勝手が抜群!

今回はそんな海外のアクションとアクションを使う便利さを紹介していきます。

Adobe Creative Cloudでphotoshopアクションをダウンロード

今回は安心のAdobe Creative Cloudで。
無料ダウンロードできるアクションを体験していきます。

https://creativecloud.adobe.com/cc/discover/free-resources/

いろんなデータが無料でつかえますが、今回無料のPSアクションを探します。実際に使用して便利さを体験してみましょう。興味が湧いたら実際に掘り下げてみてもいいかと思います。

PS Action Set : Painterly

B級のデザイナー
写真が油絵で描いたようになるPSアクションです。ワンクリックでぐっと柔らかい表情に

PS Action Set : Toon Artist

B級のデザイナー
アメコミのポスターのような印象に仕上がるアクション。

PS Action Set : Toon Artist

B級のデザイナー
画像を水彩風に加工できるPSアクションです

PS Action Set : Turn Photos into Illustrations with a Free Photoshop Action

B級のデザイナー
線画のイラスト調に変換できるアクション

photoshopのアクションの使い方

Photoshopアクションの使用の仕方はとても簡単です。まずPhotoshopのアクションウィンドウを開いて右上のアイコン(❶)をクリック。さらにアクションを読み込み(❷)をクリック。

あとは、読み込みたいアクションを選択(.atnの拡張子)すればOK!

これで、アクションを読み込めました。あとは使いたいアクションを選べばOK!

Photoshopアクションを実際に使ってみる

さて、ためしに一つアクションを使ってみました。今回ひとつめで紹介した「PS Action Set : Painterly」を使ってみました。

Before(加工前)
After(加工後)

このアクションを使った際はちょくちょく下記のアラートが出ましたがひとしきり「続行」をクリックしたら処理は進みます。どれくらいの影響がでるかはちょっとわからないのですが、ひとまず加工が進んでいるので良しとしました。

まとめ

今回はAdobeのCreative Cloudで配布されているPhotoshopアクションの紹介とその使用方法をまとめました。

Photoshopのアクションは便利でラクに思い切った加工ができるので、ぜひ1度使ってみて便利さを体験してみることをオススメします。

普段の自分では考えないような効果を画像に載せたりできるので、デザインの表現の幅も広がるのではないかと。

慣れてきたら、たくさんの種類のアクションをストックできるといいですね。

まずは一度試しに今回紹介しているアクションで使ってみてください。

それでは、今回はこのへんで。