転職の参考に!販促中心のインハウスデザイナーの仕事内容を公開

転職の参考に!販促中心のインハウスデザイナーの仕事内容を公開
新人デザイナー
インハウスデザイナーについて興味があるのですが、どんなことをしているのですか?

今回のエントリーではどんなことをしているのかちょっとわかりにくいインハウスデザイナーの実態を紹介していきます。

 本記事の内容

・インハウスデザイナーの業務内容


当ブログでも意外と見られているのが「インハウスデザイナー」というキーワード。わりと実態が見えないこともあって転職を考える人はみんな気になるのかな?と思いますが、今回はメーカーでインハウスデザイナーとして普段どんなことをしているのかを詳細に書き留めていきたいと思います。

勤めている会社の情報と自分の職種について

画像はイメージです

現在勤めている会社は日用品、雑貨などを扱うメーカー。職場での役割としてはグラフィック、WEBを中心に販促関係を行う部署に在籍しています。メーカーですが商品開発には参加していません。自社にはもともとデザイナーは在籍しておらず、社内に在籍するデザイナーとしては初の人材として採用されました。現在は新卒で入社したデザイナーと2名で業務を行っております。

インハウスデザイナーの業務内容

営業用途のPOPや販促用提案カレンダー

営業の拡販用にPOPや販促用途の提案カレンダーを作っています。カレンダーはシーズンごとの年4回、おおよそ16ページから20ページ程度。POPはそのカレンダーのタイミングで作ることもありますが、依頼があれば随時作成しています。

デザインだけでなく内容やコンテンツから考えるものが多く、提案のための裏付けデータを探したりコンテンツに合わせたライティング、必要に応じて自ら商品の撮影を行なったりもします。


POPの年間の制作量としては、部下がいない頃で年間30個くらい。今年は部署70以上は作っているのではないかと思います。

展示会のブースデザイン(年間3〜5回程度)

展示会といっても問屋さんの展示会のため施工会社に依頼して、ディスプレイから作るといったものではなく、限りある少ない予算でパネルを作って、商品紹介用の冊子を作って、説明用のPOPを作って、、、といった内容です。(こちらも企画ものであればコンテンツから、見せ方まで考えます。もちろんライティングも撮影も自ら行います。


作成物のだいたいの目安としては一回の展示会につきA1のパネルを6〜8枚、冊子はケースバイケースですが少なければリーフレット、多ければ20ページを超える小冊子程度。ちなみに担当者によっては都度新しい冊子を作りたがるのですが、ただの見栄というケースが多いので、最近は説得して作成するページ数を抑えるようにしています。その他、説明用ボードやウェルカムボードなども。

ウェブサイトのデザインと運用

ウェブサイトのデザイン、一部コーディング(CSSの調整)など。デザインに関してはコーディング前のPSDデータ作成から制作会社への指示など全般から予算関係まで。こちらもデザイン以外にライティングも必要に応じて行います。

をwordpressで作られているため、構築は制作会社に依頼しています。また情報発信型のサイトのためブログ記事作成なども担当しています。新商品の告知やメディア情報がメインになります。

また、新商品のランディングページ用のコンテンツなどもあり、そちらは必要に応じてデザインからコーディングまでを担当します。

ECサイトのデザインと運用

会社で運営している楽天のページデザインと運用を行なっています。楽天に関してはデザインから商品の登録までを行います。こちらもライティングから撮影、デザイン、そして楽天はコーディングまでを行います。

SNSの運用(Facebook、twitter)

SNSの運用は主にブログ記事の更新や新商品の発表と連動しています。以前に海外に広告を出したことがあるようでフォロワーの数は多いですが、全くアクティブではありません。現在、スポット的に更新しています。

会社関係のツール作成

会社案内やリクルート用の冊子をはじめとするデザインを行なっています。こちらもライティング、取材などからデザインまで行います。

ちょっとしたパッケージデザイン

基本的にパッケージデザインは本社の商品企画の部署の方が行っていますが、東京の営業の部署の発信のパッケージや企業のPB(プライベートブランド)商品のパッケージなどを作ることもあります。

その他のミッション

突発的に、役職が上の方の方からミッションが降りてくることがあります。大きなものだと採用の動画撮影(コンテンツメイキング含む)、商品説明の動画撮影(カメラマン、スタジオ手配含む)、WEB用のコンテンツのための、県外の取引先とその関連施設や会社への取材、撮影、WEBページデザイン、コーディングなどがありました。

お偉いさんの依頼なので急がなきゃいけなかったり、他の案件が忙しいとかもあまり関係ありませんね。まあ、サラリーマンですので。ええ。

まとめ

今回はインハウスデザイナーとして私が普段行っていることを列挙してみました。実際に製作している販促品やサイトなどが載せれないのが残念です。書いてまとめてみると結構幅広いですね。

インハウスでやってると幅が広がってしまうのはしょうがないのかもしれませんね。今後、インハウスデザイナーに興味がある方の参考になればいいなと思って書いてみました。

それでは、本日はこのへんで。