ポートフォリオのデザインを増やすためのアイデアをまとめました

新人デザイナー
ポートフォリオのデザインの数が増えないのですが、なにかいい方法ってありませんか?

と、今回はそんなお悩みにお答えしていきます。

ちなみに、私はグラフィックデザイナー歴15年(制作会社のデザイナー8年、メーカーでの販促物のデザインを担当するインハウスデザイナー7年、メーカーではデザイナーの採用を担当した経歴があり)のデザイナーの立場からのアドバイスをさせていただいています。

ポートフォリオは仕事のデザインをまとめるだけでもボリュームが足りていれば十分ですが、仕事以外のデザインも入っていたほうがデザインに対する熱意のアピールをすることができます。また、仕事の内容だけだと自分の興味のあるデザインを作ることができないケースもありますが(仕事ではカチッとした堅いデザインだけを作っているけれど、自分の興味や趣向はやわらかいデザインやナチュラルなデザインに興味がある場合など)そのような際には、仕事以外のデザインもポートフォリオに含める必要があります。

今回はポートフォリオの作品を増やすアプローチに注目しエントリーをまとめました。

公募のデザインに応募

ポートフォリオに載せるデザインを作るならせっかくだから自分の力試しもしたい、という人にオススメの方法です。公募のデザインはネットで調べてみると常時けっこう開催しているので、一度調べてみるといいかと思います。

登竜門

ロゴストック

公募ストック

COMPE NAVI

以上のサイトあたりが有名どころです。一番いろんな情報がまとめられているのは登竜門ですね。スモールグラフィックからポスター、企画案まで幅広い募集をしているので、自分の気になるものに挑戦しそのままポートフォリオに入れていくことができますね。また、受賞した場合はポートフォリオに箔もつくという大きなメリットもあります。

デザインの技術書を使って覚えたい技術を前提としたデザインを作る

続いては、技術書のデザインを使ってデザインを制作する方法です。こちらの記事で紹介した、覚えたいPhotoshopやIllustratorの技術をもとにデザインを作っていきます。

ポートフォリオの作品が増えないデザイナーにオススメ。技術書×作品作り

ポートフォリオの作品が増えないデザイナーにオススメ。技術書×作品作り

2020.12.03

記事の中で紹介している書籍は、ビジュアル的にインパクトのあるものが作れるので、1枚もののビジュアルとしてチラシや広告などのメインビジュアル作成に向いているのではないでしょうか。

実践を通して技術を覚えることができるので、スキルとして身につきやすいうえに自分の作品にもなるという一石二鳥の方法になります。

クラウドソーシングでデザインを作る

有名なところでいえばランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングのサイトで仕事を受けてデザインを作成する方法です。こちらは作業やプロジェクトに参加するタイプのものからコンペ形式のものなど幅広く関わることができます。

ランサーズ

クラウドワークス

こちらは報酬が発生する方法になるので、自分の作ったデザインには値段を付けたいというデザイナーにオススメの方法になります。報酬の発生する仕事は責任も伴いますが、モチベーションをキープしてデザイン制作をできるという大きなメリットがあります。

副業をする

個人的には、お金を得ながら経験も得られるという点で一番のオススメの方法。クラウドソーシングと同じく、報酬が発生するのでモチベーションを高くキープすることができます。

副業のデザインはその関わり方によっては仕事が広がっていったり、横のつながりでさらに新しいクライアントを紹介してもらえたりと副次的な効果も大きい方法です。

内容的にも自分一人で行う副業はデザインのスキルだけでなく、金額やスケジュールの交渉など営業的な側面も必要になるので自分のスキルアップにつながりやすいというのも嬉しいところですね。

↓デザインの副業のメリットはこちら

副業トップ

若手デザイナーに!副業をオススメする圧倒的な3つの理由

2020.06.02

デメリットとしては会社などを挟まずに自分が矢面にたって仕事をするため、当たり前のことですがミスや誤植などはすべてそのまま個人の責任となります。そのようなことがあるということも理解をし、しっかりとリスクマネージメントを行う必要があります。

またデザインの副業の難しさとして一番初めは、なかなか仕事を見つけるのが難しい(特にゼロからデザインの仕事を探すことが)という点が挙げられます。副業でデザインをやりたいと思ってもどのように動いて仕事を貰えばいいのかわからないという声がけっこう多かったりします。

↓デザインの副業の探し方はこちら

デザインと副業

副業先を見つけたいデザイナーにオススメの副業先を見つける方法【実体験】

2020.10.20

ちなみに副業はOKの会社、NGの会社があると思いますので自分の会社で副業するのか問題ないのか確認してからにした方がいいですね。

仕事の最終形以外もポートフォリオに入れる

こちらの記事でも書いていますが、ポートフォリオに入れていいのは最終のデータだけではありません。自分のスキルやデザインの嗜好、やりたいことにつながるデザインを見せるのが目的です。そのため最終形のデザイン以外にも案として提出したものや提案として提出したボツデータなどのデザインもポートフォリオに入れることができます。

ポートフォリオをふやす

ポートフォリオの作品が少ないと悩むデザイナーに。会社の仕事から作品を増やす方法を紹介

2020.06.03

まとめ

今回はポートフォリオのデザインが増えないと悩むデザイナー向けにポートフォリオの作品を増やす方法をまとめました。ポートフォリオ作りって作り始めると、あれでもないこれでもないと悩みが増えていってなかなか進まなくなってしまったりするのですが、とにかくまずは一度作ってそこからトライアンドエラーでどんどん良くしていくのがいいと思います。

悩んだり考えるだけで作らないのが一番よくないです。まずはとりあえず作ってみましょう!

それでは、今回はこのへんで。