Macユーザーのためのwinmail.datファイルの開きかた

Macユーザーのためのwinmail.datファイルの開きかた
新人デザイナー
Windowsユーザーから送られたメールの添付データがwinmail.datとなっていて開けないのですがこれはなんですか?

今回のエントリーではこんな悩みを解決していきます。

 本記事の内容

・winmail.datというファイルの開き方


今回はウィンドウズユーザから送られてくるOutlookで送られたメールに添付されているwinmail.datという謎の拡張子のファイルの開き方を紹介します。

クライアントや社内の営業スタッフからから送られてくるメールにときどき、winmail.datという開くことができない拡張子の添付ファイルが付いていることがありませんか?

私も特定の人からのメールでなぜかこの現象が起こっていたので、送り直してもらったり自分のYahooメールやGmailに転送して開けるか確認したりしていましたが、このファイルをmacで簡単に開くことができる方法があったので備忘録としても記載しておきたいと思います。

winmail.dat変換ツールを使った変更

winmail.dat変換ツールというサービスを使うとあっという間にデータを開くことができます。具体的な操作としてはアップロードして変換ボタンをクリックするだけ。winmail.datの中身を取り出しダウンロードすることができます。

セキュリティが不安な場合

プライバシーポリシーのページには

送信されたデータを当社が収集することや、第3者に漏らすことはありません。

と記載されていますが、心配な人はアプリを使用する方がいいかもしれません。

下記のURLでwinファイルビューアーと言うアプリケーションがダウンロードできます。こちらはアプリ内課金があるそうですか、winmail.datのデータを展開できるそうです。

(筆者はこちらのアプリは使用しておりません)

まとめ

以上、今回はwinmail.datの変換方法でした。私もこの形式のメールが届くのはある特定の方からのみのメールになるのですが、毎回送り直してもらったり、Gmailに転送して開けるかを試してみたりと、なかなかストレスが多かったのですがこちらの変換ツールであっという間に解決しました。

アップロードして変換、それをダウンロードというとても簡単な操作なのでぜひご利用ください。

それでは、今回はこのへんで。

ABOUTこの記事をかいた人

現場のグラフィックデザイナーに有用なリアルな技術やスキルアップの方法などを発信しています。 デザイン制作会社に8年→現在は都内にある日用品メーカーのグラフィック系インハウスデザイナーとして7年(総デザイナー歴15年)。そのかたわらフリーでデザインをしています。ラクにできるところはラクに!という時短デザインを推奨しています